Google

Yahoo! JAPAN



【脂質異常症総合リンク集】

血液中の総コレステロール値が高い(220mg/dL以上)タイプの脂質異常症である。生活習慣による脂質異常症の多くがこのタイプである。1997年の国民栄養調査では、日本人の男27%、女33%が該当する。フラミンガムスタディにおいて使用されたためこの値と生活習慣病との関連が注目されたという意味で重要だが、最近では LDLのほうがあきらかに心血管リスクとの相関度が高いのでこの値の重要度は廃れている。現在WHO、アメリカ、日本のガイドラインは、いずれも総コレステロール値に注目していない。

・クレジットカードを開設する前に賢くクレジットカード比較をしよう|
・株式投資をするなら日経225で割安に始めよう|
・エステに行くならプラソンがお勧め|

血液中にトリグリセリドが多く存在する(150mg/dL以上)タイプの脂質異常症である。1997年の国民栄養調査では、日本人の男45%、女33%が該当する。内臓脂肪型肥満の人に多い。一時期(米国ATP-IIのころ)、その心血管疾患との関連が疑問視されたが、現在ではやはり関連はあると考える人が多い。RLP- C(Remnant-like lipoprotein particles-cholesterol)が、高TG血症における動脈硬化発症への関与が示唆されている。血液中の高比重リポ蛋白(HDL)が少ない(40mg/dL未満)タイプの脂質異常症である。特に女性において、心血管疾患の重要なリスクファクターとなりうる。1997年の国民栄養調査では、日本人の男16%、女5%が該当する。この病態は脂質が足りなくて起こるため、高脂血症から脂質異常症へと改名される主な理由となった。

・出会い掲示板で東京の神待ち家出少女と恋愛|
・高収入バイトならチャットレディがお勧め|
・ネット投資始めるならCFDが手数料割安|

体脂肪率の減少により大きく数値を低下させることが可能である。2-3kgの減量が大きな影響を与える。治療内容はLDL-C値≧140mg/dl,TG≧150mg/dl,HDL-C<40mg/dlにてその他の動脈硬化のリスクファクターによって異なる。空腹時にTG<400mg/dlであれば、LDL-C=TC-HDL-TG/5という関係式も知っておくと便利である。LDL-Cが上昇している場合は甲状腺機能低下症、ネフローゼ症候群、ステロイドの使用状況も念頭におき、二次性であれば原疾患の治療を優先する。

・稼げるFX システムトレード 業者比較情報|
・AV男優仕込みの潮吹きテクニックを習得|
・神待ちの家出少女を掲示板で検索|
・借金返済はおまとめローンで一元化!|

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




Copyright (C) 2009 【脂質異常症総合リンク集】 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4